市民防災講座 第19回「豪雨・土砂災害に備える」

令和元年7月25日(木)
シェラトングランドホテル広島 3階ボールルーム「美波」

「豪雨・土砂災害に備える」をテーマとして開催しました。
 今回は、近年増加しているゲリラ豪雨や土石流のしくみなどについて講演がありました。また広島県危機管理監とJR西日本からは、平成30年西日本豪雨災害の被災から学ぶ今後の災害リスクとその備えや減災に向けた取り組みの事例紹介がありました。約200名の皆様にご参加いただきました。

講演内容
講演1:「ゲリラ豪雨と線状降水帯の予兆を捉える」京都大学 防災研究所 准教授 山口弘誠
講演2:「土石流のしくみと被害」鳥取大学大学院 工学研究科 准教授 中村公一
講演3:「災害時に備えてー防災対応能力の向上ー」香川大学 創造工学部 創造工学科 教授 井面仁志
事例紹介1:「平成30年西日本豪雨災害を踏まえた広島県の取り組み」広島県 危機管理監 危機管理課 防災担当監 山本雅治
事例紹介2:「JR西日本における平成30年西日本豪雨災害の被災概況と復旧~早期運転再開に向けた取り組み〜」西日本旅客鉄道株式会社 近畿統括本部次長(前広島支社副支社長) 西井学