第21回 市民防災講座―災害リスクを考える―を開催します


第21回 京都大学市民防災講座 ー災害リスクを考えるー
「地震・津波災害に備える」


【日時】令和元年12月1日(日) 13:00~16:45
【場所】JR九州ホール (JR博多シティ9階)博多駅直結

 ※詳しくはパンフレットをご覧ください

【内容】
主催者挨拶
京都大学大学院 工学研究科  教授 杉山友康

講 演
「スパコンを使った地震・津波被害予測とVRを使った仮想避難体験」
   九州大学 大学院工学研究院 准教授 浅井光輝

 「豪雨や地震で起こる土砂災害と命の守り方」
   山口大学 大学院創成科学研究科 教授 鈴木素之

 「鉄道乗車中、津波から避難するには」
   和歌山大学 地域活性化総合センター 准教授 西川一弘


事例紹介
「福岡県西方沖地震、熊本地震の教訓から地震に備える」
   福岡市 市民局 防災・危機管理課 防災・危機管理係長 橋津千穂

 「平成28年熊本地震からの復旧に向けたJR九州の取組み」
   九州旅客鉄道株式会社 鉄道事業本部 施設部長 吉野敏成

 「JR西日本の地震対策の取り組み」
   西日本旅客鉄道株式会社 鉄道本部 施設部長 金岡裕之

【定員】 250名 (先着順・要事前申込)
【お申し込み締切】 令和元年11月28日(木)
【申込先】 京都大学災害リスクマネジメント工学(JR西日本)講座 市民防災講座 事務局係
【お問合せ】 TEL:075-383-3114(平日9時~16時)

 

参加の申込方法 

下の「参加申込」ボタンからアクセスするか,メール又はファックスにて
必要事項を明記の上、事務局までお送りください.

 必要事項:(1)お名前(フリガナ)
      (2)電話番号 あるいは メールアドレス
      (3)ご住所
      (4)ご職業(会社名・公務員・学生・その他)
      (5)この講演会を知ったきっかけ(ポスター・チラシ・自治体広報等・
        会社関係・家族知人・その他)
      (6)2名以上でお申込の場合,お2人目以降のお名前(フリガナ) 

 メール:info@ise.kuciv.kyoto-u.ac.jp
 FAX :075-383-3410